FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理職の国家資格化

県の臨床心理士会からメールで『電子速報』が届いていました。
これまで関連の三団体で検討を続けてきた国家資格の要望書案が、三団体のそれぞれで承認されたということでした。
それでこれまでは『要望書(案)』としていてものを、(案)をとって『要望書』とするとのこと。

これで大きなマイルストーンに到達したようです。
国家資格化の軌跡を振り返った時に、必ずこの三団体の承認は触れられることになるでしょう。

これまで内部でごたごたやっている感じがありましたからね。
国家資格に反対する声はなくても、その内容で意見調整に難航していたようです。
でもここまで来たのですから、順調に進んでもらいたいと思います。
もちろん、それで心理職の専門性が低下するようなことがあっては困りますが。

私がこの問題をはじめて知ったのは大学受験前でした。
悠長に構えていましたが、大学を卒業しても、大学院生になっても、臨床心理士を取得しても、なかなか実現しませんでした。

しかしこの数年は歩みは遅くても着実に前に進んでいる感触があります。
国家資格になれば国などの公共機関にも活用されやすくなるでしょうし、せっかくの専門能力ですから有効に使ってもらえるようになってもらいたいです。

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。