FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献金問題

ここ数日、外務大臣が外国人(在日)から献金を受け取っていたということで報道で取り上げられています。
先ほどは辞任の意向を固めたというニュースもありました。

ところで、献金と賄賂ってどう違うんでしょう?
外国人からの政治献金が禁止されているのは、その国に便宜を図る可能性があるからです。
でもその理屈なら、個人であれ企業であれ、どこからもらったとしてもその相手に便宜を図る可能性があるのではないでしょうか?

たとえば、支持者は多いがそのほとんどが献金する余裕がないという議員より、支持者は少ないが金持ちが多いのでかなりの献金を受けている議員だと、後者のほうが政治活動をどんどんしていけるので有利になります。
しかしそれでは民主主義ではなく、拝金主義の政治です。

売国しないために外国人からの政治献金を禁止するのは当然です。
しかしそれなら、一部の金持ちを優遇する可能性がある献金という制度自体、どうなのでしょう。

政治活動にはお金がかかるそうですが、献金の額によって活動に差が出るようなら、そもそも民主主義とは言えません。
それに議員の歳費は数千万単位であるのですから、それでどれほど足りないものなのでしょうか?
もし足りないというのなら、ここにこそ事業仕分けが必要なのかも知れません。

こういう事を書くのも青臭いのかも知れませんが、不合理に疑問を持たなくなることは思考停止ですからね。
私には献金の正当性が理解できないので、ご存じの方は教えてください。

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。