FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンK2投与に関する日本助産師会の見解

ちょっとくどいかも知れませんが、自分の備忘録にまたホメオパシー関連。
日本助産師会が「ビタミンK2投与に関する日本助産師会の見解」をHPに掲載しています。

長くなるので画面を分けます。
↓↓
ビタミンK2投与に関する日本助産師会の見解

 助産師は、安全かつ有効な助産行為を行うことを前提に業務を遂行している
ものである。安全かつ有効な助産行為とは、現在の医療水準において、科学的
な根拠に基づいた医療を実践することである。
 山口県で起こったビタミンK2シロップを投与せず児がビタミンK 欠乏性出血
症により死亡した事例については、当該助産師が補完代替医療の一つであるホ
メオパシーによる効果を過大に期待したためと考える。ホメオパシーのレメデ
ィはK2シロップに代わりうるものではない。
 日本助産師会はこの件を重く受け止め、全会員に対して、科学的な根拠に基
づいた医療を実践するよう勧告する。

2010 年8 月10 日
社団法人日本助産師会
会 長 加藤尚美

会長の署名入りなのですから、これが日本助産師会の公式見解として間違いないでしょう。

これの最後に書いてある、

>全会員に対して、科学的な根拠に基づいた医療を実践するよう勧告する。

には好感が持てます。
これができるからこそ、国家資格としての助産師を名乗れるのでしょうし。

しかし腑に落ちない店もあります。

>山口県で起こったビタミンK2シロップを投与せず児がビタミンK 欠乏性出血
>症により死亡した事例については、当該助産師が補完代替医療の一つであるホ
>メオパシーによる効果を過大に期待したためと考える。

ここではホメオパシーを、「補完代替医療の一つ」としています。
日本助産師会は公式見解として、ホメオパシーは「補完代替医療の一つ」と認めているわけです。

それに助産師会がホメオパシーの講座を開催していたという情報もネットで見ました。
これは地区の会だったのかも知れませんが、助産師がホメオパシーを推奨していたという事になります。

これは最後に書かれている、「科学的な根拠に基づいた医療」に反しないのでしょうか?

またこの日本助産師会の様子について、内部事情が書かれたブログがありました。

お産を待ちながら『ホメオパシー問題について』

ここに書かれているのが事実なら、ホメオパシージャパンとの癒着を感じさせます。

これが一方では「科学的な根拠に基づいた医療」と言いながらも、ホメオパシーを補完代替医療だと認める矛盾になっているのではないでしょうか。
私はあえて矛盾と書きましたが、現状ではホメオパシーにプラセボ以外の効果があるとするには無理があります。
もしそうでない根拠があれば、是非知りたいのですけど。

まだまだホメオパシーの動向には注意したほうがよさそうです。

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。