FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代替療法ホメオパシー利用者、複数死亡例 通常医療拒む

また朝日新聞の記事から。
代替療法ホメオパシーを利用している人の中で、病気が悪化して死亡する例が相次いでいる。
(中略)
ホメオパシーでは、病気の症状が重くなっても、自然治癒力が増した証拠の「好転反応」ととらえる。これが患者を病院から遠ざけているとの指摘がある。

※元記事を見たい方はこちら。

これで記事としては3つ目でしょうか。
朝日新聞はホメオパシーについて、かなり力を入れていることが感じられます。

私としても偏見にならないようにと気をつけてホメオパシーを調べてきました。
しかしどうしてもホメオパシーが効くという根拠が見つからないんですよね。

個人の体験談ならいくらでも見つかりました。
しかしいわゆる三た論法で、信頼に足るものにはなりません。

三た論法・・・「治療した・治った・治療効果があった」の三段論法での宣伝方法。しかしそれがプラセボ効果なのか、たまたまそのタイミングで治っただけなのか、どのくらいの頻度で起こるものなのか(もしかしたら1億人に1人なのかも知れない)かが分からないため、効果の検証には役に立たない。

これを書いた記者がやっているブログでも、ホメオパシーについて意見交換がされています。
そこにはホメオパシーを擁護する意見もたまにあるのですが、全て説得力にかけるものばかりです。
また某ホメオパシー団体の人も「徹底的に議論する」と書き込みながらも、ずっと先送りにして説明をしていない状態です。
そこで本当に納得のいく説明がされれば、このブログでも紹介したいと思いますが。

このような記事を紹介することで、少しでもホメオパシーの現状を知る人が増えればと思います。

comment

Secret

No title

私も、数年前に東京の、友人(ドイツ人)から存在をしりました。
もう6年くらい前でしょうか。その人は医療関係の人間ではありませんが。

別に、拒否反応もないし、薬物ではないとのことで、
2度ほど、体の体質改善に良いとのことでホメオパシーの、
錠剤をいただきましたが・・

よくも無く、悪くも無く。

それっきり、興味もなかったのですが。

最近、記事に取り上げられてるので、あれは?
そんな、真相を知りたいですね。

>かいわれ さん

ホメオパシーを始めたハーネマンが確かドイツの医師です。
といっても200年ほど前なので、その当時の医療水準は言わずもがなですが。

またホメオパシーは副作用がないことを売り文句の一つにしていますが、効果がないから副作用もないと考えるのが妥当です。
体質改善を含め何らかの効果があるという根拠も、200年も続いていながら立証されていないわけですし。
時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。