FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝のほとんどは自分から来るのであり、家族から来るのではありません

遺伝のほとんどは自分から来るのであり、家族から来るのではありません。
家族は魂が世に流れるための川にすぎません。
(リーディング番号:1233-1)

『エドガー・ケイシー文庫031 知恵の宝庫—エドガー・ケイシー名言集』 P132

遺伝の研究では双生児での比較が有名です。
一卵性の双生児では遺伝的に全く同じですから、人に影響が強いのは先天的な遺伝か、後天的な育ちかを調査するのに適しているのです。

しかしその研究では遺伝でも育ちでも全く同じようにはならないことが分かっています。
たとえ一卵性双生児であっても全く同じ経験をしていくわけではない事が一つの原因に挙げられますが、エドガー・カイシーによるとそれは魂の違いだとなります。

昔は「氏か育ちか(遺伝か生活環境か)」という議論があり、結局は両方の影響という事に落ち着いています。
しかし実際には遺伝よりも先天的な、過去世で魂が培ってきた経験に今世での人格は影響されるのです。

ただし育児は非常に大切です。
過去世がどうであろうと、そこに今世での経験が積み重ねられていくのです。
ですから子どもの成長には親が責任を持たなければなりません。
しかしそれと同時に、子ども側にもその親を選び、そこでの経験をどのように受け止めてきたのかに責任があることも忘れてはいけません。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。