FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【心理職の国家資格化をめぐる最近の動向】を読んで

今回も臨床心理士に関して。
一ヶ月ほど前の情報になりますが、日本人間性心理学会のニュースレターで心理職の国家資格化について書かれていました。
投稿したのは九州大学の野島一彦教授で、日本人間性心理学会の理事長、日本心理学諸学会連合の副理事長でもある方です。
(余談ですが野島先生のご子息も臨床心理士で、私が児童養護施設にいた時、児相にいたご子息と協力してケースにあたったことがあります)

当時ニュースレターを見た時から気になる記事だったのですが、今になってネット上でも見ることができると気づきました(^_^;)
ニュースレターなら会員向けなのでブログで取り上げる事は遠慮していましたが、ネット上で誰でも見れる状態なら気兼ねする事もないですね。
下記にリンクしておきます。

心理職の国家資格化をめぐる最近の動向

病院で働くようになって、チーム医療で唯一国家資格ではない後ろ盾の弱さや、心理療法で保険点数が取れないことなど、臨床心理士が国家資格でないことでの弊害をひしひしと感じます。
そのような弊害が解消され、多くの人が納得するかたちで質の高い心理職の国家資格化を実現してもらいたいと思います。

theme : 資格
genre : 学校・教育

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。