FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わがままやうぬぼれはカルマを作っているのです

わがままやうぬぼれや自慢のために人生を利用する人は、
自分自身を堕落させて、後で償わなければならないカルマを作っているのです。
ですから、心と体において、どんな過失や試練や誘惑に出会うとも、
「私の心ではなく神の御心が行なわれるように」
の態度をもって、解決に当たらなければなりません。
(リーディング番号:440-5)

エドガー・ケイシー文庫031 知恵の宝庫—エドガー・ケイシー名言集 P320


輪廻を受け入れて人生を歩みだすと、“自分”というものが絶対の判断基準ではなくなります。

人生が一度きり、死後には無に帰すだけだとしたら、人生のテーマは
「いかに自分の欲望を満たすか、享楽を体験できるか」
ということになるでしょう。
しかしその結果人の欲望と欲望がぶつかり合い、憎悪や慢心、嫉妬が渦巻くことになります。
ギスギスした生きにくい世界です。

そうやって巡りめぐって自分の首を絞めないためには、自分の外側に判断基準を置かねばなりません。
それもただ何かを妄信、盲信、狂信するのではなく、得心(心から納得すること)してこそ、自分の人生に根付かせる事ができます。

また得心のレベルまでいかないものなら、まだ自分の理解が未熟か、さもなければその信じようとした対象に欺瞞があるからです。
その事に気づくためにも、得心が必要なのです。

私にとって外側の判断基準はいくつかありますが、このエドガー・ケイシーもその一つです。
わたしはケイシーとの出会いによって、それまでの知識を統合でき、より自分の信念に自信を持つことができました。
それらは私の人生の杖となっています。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。