FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常勤の雇用保険

2009年3月25日の朝日新聞の読者欄に、夫が臨床心理士という主婦の投稿がありました。
内容は、非常勤でも入れる雇用保険を希望するものです。

備忘録に引用。

 非正社員の雇用保険の加入用件を半年に短縮するなどの改正が実現するようです。失業は私たちには死活問題です。しかし私の夫は非常勤で、改正案の加入用件さえ満たせません。給付改善の報道にむなしく接するだけでした。
 夫の職種は臨床心理士ですが、個人でも入れる雇用保険で失業手当を受けられたら、どんなにありがたいかと思います。国民年金が自営業のための制度であるように、まじめに働く労働者が何らかの形で失業手当が受けられるようにしてもらえないでしょうか。
 いつ切られるか分からない不安定な職種を選ぶのがいけない、と言われても戸惑いを覚えます。ある自治体の臨床心理士の募集要項は「犯罪被害者の心のケア 月給10万~15万円」でした。あまりの低収入にためらい、これまで通り3カ所の非常勤掛け持ちを続けています。
 1カ所に長時間、長期の労働が難しく、夫のように雇用保険に加入できない方もたくさんいらっしゃることと思います。掛け金は個人できちんと納付します。失業手当が出れば、非常勤の仕事の間が多少空いても生活費を補えます。どうか、個人加入の雇用保険創設をご検討ください。

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。