FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原評定

戦国時代の大名であった、後北条家の重臣会議のことです。
たくさんの知恵を出しあって話し合う事は、民主主義の基本でもあり、この制度のおかげで後北条家に裏切りは皆無に近かったと考えられています。

しかし、民主主義は衆愚政治と堕することもあります。
実際この小田原評定も今では、「長時間話しあっても結論が出ない」という好ましくないニュアンスで用いられる言葉になっています。

民主制か独裁制ではなく、バランスが大切という事です。

日常を振り返っても、人の助言を全く聞かなければ失敗する可能性が高まります。
しかし人の意見ばかりを聞いていても、人によって言うことが違ったりしますし、自らの責任で判断するという事ができなくなります。

孔子は60歳で理想とする態度を“耳順”としましたが、それと同時に自分の事は自分の責任において決断する覚悟、その両方を持ち合わせているようにしたいものです。

comment

Secret

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。