FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りは超越者への切なる願いです。

祈りは超越者への切なる願いです。
瞑想は共通の基盤の上で超越者と会合することなのです。
(リーディング番号:281-28)

『エドガー・ケイシー文庫031 知恵の宝庫—エドガー・ケイシー名言集』 P260

心は創造主ですから、そこから発せられた祈りは運命に影響します。
祈りとは単なる脳内の精神活動ではなく、個を越えて、トランスパーソナル的に世界に働きかける力のある行為なのです。

また瞑想は心を静かにし、運命からのメッセージを受け取る作業になります。
運命以外にも神、仏、超越者、サムシング・グレート、普遍的無意識など呼び方は様々でしょうが、どれも核心ではつながっています。
それらを信じ、自我を無為にして超個からの有為に身を任せることが、瞑想なのだと思っています。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

機上からの雲

学会に参加するために数年ぶりに飛行機を利用。
曇り空だったのですが、雲の上に行くと綺麗な景色が広がっていました。
20090829_171758_2.jpg

20090829_171813_2.jpg


富士山。
機長が親切にもアナウンスしてくれました。
20090829_181105_2.jpg

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

聖なる法則はあなた自身の中にしか見つけられません。

聖なる法則。
それはあなた自身の中にしか見つけられません。
(リーディング番号:294-189)

『エドガー・ケイシー文庫031 知恵の宝庫—エドガー・ケイシー名言集』 P352

人は自分のレベルでしか物事を見ることができません。
この世にいくら聖なる法則が働き、奇跡が起こっていようとも、それを知るためには自分を高めないといけないのです。

自分の心が開かれていくたびに、世界に精巧に張り巡らされている法則に気づくでしょう。
それは既成概念では信じられないようなことかも知れません。
しかし事実よりも信念を優先させるのは非科学的です。

聖なる法則はあり、誰もがその一部です。
その気づきに辿り着けば、聖なる法則は常に存在していたのであり、今まで自分のほうから背を向けていたのだと分かります。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

うつ病や統合失調症などを血液で判断

血液を調べることで、うつ病や統合失調症などを判定できる方法が見つかったとか。

以下引用。
******************************
大阪市大大学院医学研究科の関山敦生・客員准教授(43)=心身医学、分子病態学=が兵庫医科大と共同で、うつ病や統合失調症などの精神疾患を判定できる血液中の分子を発見、血液検査に基づく判定法を確立した。問診や行動観察が主流だった精神科診療で、客観的な数値指標を診断に取り入れることができる。
******************************

判定の確率が95%くらいのようですから、かなり使える発見ではないでしょうか。
薬の効き具合なんかも自己申告に頼るしかありませんでしたが、この技術を使えば薬の効果も客観的に判定できそう。

モリンガ その5

最初に出た芽が枯れたモリンガですが、その後に出た芽がすくすくと生長しています。
ちょっと分かりにくいですが、左側が後から出てきた芽。
5日前からすると全然違います。
20090826_181339_.jpg

常に支えあい、自我をますますなくす関係になりなさい

常に支えあい、自我をますますなくす関係になりなさい。
自分をあきらめるという意味ではありません。
それぞれが相手の最良の部分を補うのです。
(リーディング番号:939-1)

『エドガー・ケイシー文庫031 知恵の宝庫—エドガー・ケイシー名言集』 P131

結婚でのパートナーについてのリーディングです。

人にはそれぞれ乗り越えるべき発達段階があります。
時には自我を前面に出すことで得られる必要な経験もあるでしょう。
(たとえそれば苦いものであっても。)
しかし最終的に行き着くところは忘我です。

逆説的ですが、忘我が個性化への道となります。
忘我の反対は我執ですが、これは満たされていない欲求に振り回されている状態です。
欲求は気まぐれで際限がありません。
欲求への執着という足かせを取り払うことで、内面から湧き出てくるその人本来の個性が見えてきます。
その個性が凸凹のように相手と補い合い、長所を伸ばすことにもなるのです。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

モリンガ その4

うちのモリンガ、心配な事もありますがなんとか生長していってます。
ちなみに11粒の種を植えて、芽が出たのは8つ。
一つは知り合いにあげ、一つは植え替えるのが早かったせいか枯れてしまいました。
そのためうちにあるのは残りの6つ。
皆同じ日に育て始めたのですが、生長の速度にはかなり個人差があります。

more...

あなたは規則正しく休み、労働し、心に食べ物を与えなさい

あなたは規則正しく休み、労働し、心に食べ物を与えなさい。
体に食べさせる必要があるように、魂にも食べ物を与えなさい。
食べ物をよく噛まなければ消化不良を起こすように、
心と魂の食べ物も、よく噛む必要があります。
噛むとは応用することです。
あなたは、それによって、何よりも調和の取れた人生を送れるようになるのです。
(リーディング番号:5246-1)

『エドガー・ケイシー文庫031 知恵の宝庫—エドガー・ケイシー名言集』 P146

体に食べさせる事なら、怠るとお腹が減りますからずっと気づかないという事はありません。
しかし心や魂に栄養を与える事は、そういう意識を持たないと栄養失調になっていても気づきません。
栄養失調でどんなに貧相な心や魂になっていても、その事に気づかないのですから改善することもありません。
負のスパイラル、悪循環ですね。

人によって魂に食べ物の与える方法は異なるでしょうが、私の場合はこのブログがその一つです。
魂の栄養となりそうな言葉を見つけ、ブログに書く事で記憶に残るようにし、そして理想的にはそれを日常場面で応用できるようにしていきたいと思っています。
知っているだけで実践が伴わない頭でっかちでは、消化不良で何も自分の血肉になっていない事と同じですから。

体にも心にも、調和が必要です。
体にはバランスのとれた栄養を、心にはバランスのとれた経験を。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

World Community Grid

分散コンピューティングをご存知でしょうか。
スーパーコンピュータでも莫大な時間がかかるデータ解析を、インターネットを通じて個々人のパソコンで処理していくという方法です。
パソコンの空き時間を利用しますので、登録した人が不便を感じる事はありません。

昔からこれには興味があって、過去に宇宙人を探すプロジェクトに参加したりしていたのですが、今回また

『World Community Grid』

という、主に病気の治療に関するデータ解析をするプロジェクトに参加しました。
20090817.jpg

強いて言えば常にパソコンが動作中のため、消費電力は若干上がります。
でもこういうプロジェクトに参加しているって、なんか良くありませんか?

theme : 健康
genre : 心と身体

主と共に歩み、共に語るなら、あらゆる願望を満たすことがわかるだろう

問:創造的意欲が沈滞気味なのですが、どうすればこの状態から脱することができますか。
答:前に述べたように、あらゆる点で建設的であり、あらゆる特質において創造的であろうとする理想に、しっかり結びつくことだ。あなたが主と共に歩み、共に語るなら、あなたの才能・感情・活動が、精神的・霊的・肉体的自己のあらゆる願望を満たすことがわかるだろう。
(リーディング番号:954-4)

エドガー・ケイシーが示す愛と結婚の法則 P90

意欲のあるなしではなく、その意欲を何に使うのかが問われます。
どんなに言い訳をしようとも、霊的理想からはずれている事にはブレーキがかかってきます。
自らを透き通った状態に保ち、どうすることが建設的で創造的な霊的理想になるかを感じなければなりません。

そして霊的理想は、あくまで自らの中から湧き出てくるものです。
他者から与えられた理想に従うのは依存であり、自由意志を手放した奴隷に過ぎません。

方向性を誤らなければ、必要なものは与えられます。
またその方向性を確認するために、祈りや瞑想があるのです。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

モリンガ その3

すくすく成長しているモリンガですが、昨夜はどうも元気がない様子でした。
20090811_230154_2.jpg

が、今日の夕方にはこの状態。
ちなみに7/28の夜に種を脱脂綿の上に置いて、15日目になります。
20090812_183112_2.jpg

夜には植物も寝るから、しぼんだようになるのでしょうか?

遺伝のほとんどは自分から来るのであり、家族から来るのではありません

遺伝のほとんどは自分から来るのであり、家族から来るのではありません。
家族は魂が世に流れるための川にすぎません。
(リーディング番号:1233-1)

『エドガー・ケイシー文庫031 知恵の宝庫—エドガー・ケイシー名言集』 P132

遺伝の研究では双生児での比較が有名です。
一卵性の双生児では遺伝的に全く同じですから、人に影響が強いのは先天的な遺伝か、後天的な育ちかを調査するのに適しているのです。

しかしその研究では遺伝でも育ちでも全く同じようにはならないことが分かっています。
たとえ一卵性双生児であっても全く同じ経験をしていくわけではない事が一つの原因に挙げられますが、エドガー・カイシーによるとそれは魂の違いだとなります。

昔は「氏か育ちか(遺伝か生活環境か)」という議論があり、結局は両方の影響という事に落ち着いています。
しかし実際には遺伝よりも先天的な、過去世で魂が培ってきた経験に今世での人格は影響されるのです。

ただし育児は非常に大切です。
過去世がどうであろうと、そこに今世での経験が積み重ねられていくのです。
ですから子どもの成長には親が責任を持たなければなりません。
しかしそれと同時に、子ども側にもその親を選び、そこでの経験をどのように受け止めてきたのかに責任があることも忘れてはいけません。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

モリンガ その2

うちのモリンガ、どんどん成長しております。
さすが一年で4~5メートルになる木らしく、芽の伸び方も目を見張ります。
20090806_232832_2.jpg


三日前にこの状態だったのが、すくすくと生長中。
朝と夕方で姿が変わっているので、観察のし甲斐があります。
もし小学生だったら、夏休みの自由研究に丁度良かったかも。
20090803_234757_2.jpg


違うアングルから。
葉っぱがたくさん出ています。
20090806_233112_2.jpg


ちなみに植えたのはこの植木鉢。
大きく育てる気まんまんです(^-^)
20090806_234038_2.jpg

人はその心の存するところのものになる

人は、その心の存するところのものになるというのは、不変の法則です。
なぜなら、心は作り手であるからです。

神の探求〈2〉 P74

心が人を、未来を、人生を形成していきます。
何を思い、どのような感情で生きていくか、それは一般に思われている以上の影響力を持っています。

ちなみに私は医療機関で働いていますが、そこで未熟な心理士が嫌われる理由の一つに“心理主義”があると言われます。
これは患者の問題を心理的な側面で捉えようとするあまり、他の物理的な要因などを軽視しがちになる事です。
これはこれで勉強不足から来る態度で、西洋医学が積み重ねてきた歴史は尊重しなければなりません。

しかしそれとは別次元で、やはり心は作り手なのです。
これを万人が納得するかたちで証明しろと言われると、今の私には無理です。
そういう意味では、これは一つの価値観だとも言えます。

ただ、これは人を幸せにする価値観であると、私は思っています。
努力をせずにただ念じればよいといった現実逃避は困りますが、全ては自分次第であり、その大元が心であると考える事は、自分の人生に責任を持つという事でもあります。

誰かが悪いのではなく、今の状況は自分が呼び寄せたものであり、
変わる事を決意すれば、変わっていけるのが人間というものです。

この二つがターニングポイントになる事はカウンセリングでも数多くあります。

どのような心でいるか、それがもっとも大切な事なのかも知れません。

モリンガ

先週は天草にドライブしたのですが、その時にモリンガという植物の種を買いました。
二酸化炭素の吸収量が凄まじく、普通の植物の約20倍もあるそうです。
また栄養バランスも良いため、「究極の木」なんて表現もされているほど。

家に帰ってさっそく説明書通りに濡らした脱脂綿に種を置き、待つこと数日。
だんだんと芽が伸びてきました!
20090803_234757_2.jpg


11粒の種が入っていて、これが一番生長しています。
あまり植物を育てた経験がないので不安でしたが、いくつかは芽が出ているので一安心です。
初めは轟水源で汲んだ水をあげていたので、それも効いたかな?

本当に微力ですが、CO2削減への貢献になるかも。
自己満足でも、やらないよりはマシですからね。

真理は常に諸刃の剣です

真理は常に諸刃の剣です。
真理は人を切ります。
しかし、切り、癒し、裂くほどに、
日々の問題に対応する力をつなぎます。
(リーディング番号:1402-2)

『神の探求〈1〉』P204

『良薬口に苦し』と言いますが、人の成長は喜びや楽しみに満ち溢れたものではありません。
むしろその逆で、苦しみ、辛さ、悲しみ、失敗という事が人を成長させるということは多々あります。

自分の殻を破る時に痛みはつきものですが、それは一種の成長痛です。
それは自分の過ち、至らなさを認めることですので自尊心の強い人には負担でしょう。
しかし成長とは過去の自分を否定する事であり、それができなければ幼児並みの非現実的な万能感という牢獄につながれたままになります。

真理が人を切るとは、このように成長のためには痛みが必要なことを示しています。
ですから切られることを恐れることはありません。
切られたところから、新しい自分が出てくることができるのですから。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

時計
プロフィール

enju3946

Author:enju3946
 実学の視点からスピリチュアルを大切にしている臨床心理士。熊本市に在住ながら、仕事やドライブで熊本県を動きまわっています。これまでに児童養護施設、こども家庭支援センター、スクールカウンセラー、専門学校の非常勤講師、病院、若者サポートステーション、刑務所と、様々な職場で働いてきています。

 私にとって不毛な議論をするつもりはないので、スピリチュアルが苦手な方は価値観の一つとしてお読みください。
 私自身それを絶対化して人に強制するつもりはありません。

熊本代替療法研究会 会員

熊本県臨床心理士会 会員

心理系学会への入会は多数。

パソコン関係、カメラが趣味。

CLANNADは人生。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。